株式会社ハイデイ日高の評判・口コミについて現役社員にインタビュー!

こんにちは、FLATT編集部です。 本稿では株式会社ハイデイ日高さんの求人をご紹介します!
近年、求職者サイドでは、求人媒体の情報だけではなく、クチコミなど様々な情報を収集する動きが活発化しています。
しかしながら、このような第三者視点の情報を掲載するクチコミサイトには、

  • 真意の分からない書き込み
  • 個人の主観に偏った主張
  • ネガティブな声 etc…

情報に偏りがあるため全てを鵜呑みにはできません。そんな中、FLATTでは現役社員にインタビュー。 会社や仕事の特徴など、現場目線で‟本音”で語っていただきました!

株式会社ハイデイ日高の会社概要

企業名株式会社ハイデイ日高
設立日1978年3月
代表者高橋 均(代表取締役社長)
事業内容中華食堂「日高屋」の運営 ※首都圏で400店舗以上
本社住所埼玉県さいたま市大宮区大門町3-105 やすなビル6F
従業員数859名
企業HPhttps://hidakaya.hiday.co.jp/
募集職種
  • 店舗運営スタッフ(店長候補)

株式会社ハイデイ日高の求人概要

募集職種店舗運営スタッフ(店長候補)
具体的な業務内容
  • 接客・調理
  • マネジメント(人材管理・教育・育成)
  • 店舗オペレーション
  • マーケティング
  • 食品管理(衛生管理・発注管理)
  • 売上管理
  • 販売促進企画立案  etc.
必須のスキルやマインド【必須スキル】
  • 未経験でも歓迎しています! (飲食はもちろん調理・接客経験も不問です)
<こんな方にピッタリです!>
  • 収入・生活水準を上げたい方
  • 安定したキャリアを描きたい方 etc…
勤務地首都圏の各店舗での勤務

勤務時間

<2交替制>
11:00~20:00(実働時間8h)
20:00~翌5:00(実働時間8h)
※店舗によって変動あり
休日月8日~9日(年間休日107日) ※休暇制度:年次有給休暇、慶弔休暇、特別休暇など
給与<入社時の想定年収>
年収380万円(月収25万円+賞与60万円+決算賞与)

<社員の年収例>
▼年収550万円(店長)※月収32万円+賞与120万円+決算賞与
▼年収820万円(室長)※月収46万円+賞与200万円+決算賞与
福利厚生各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)、時間外手当、深夜勤務手当、交通費全額支給、確定拠出年金制度、従業員持株会、財形貯蓄制度、団体定期生命保険、団体長期所得補償保険、賄い食事(1食200円)、地方出身者向けの寮 etc.


首都圏に在住の方であれば、「日高屋」で食事をされた経験が一度はあるでしょう。古くから多くのお客様に愛され続け、店舗数は現在400店舗以上。右肩上がりで成長を続ける株式会社ハイデイ日高が今回ご紹介する企業です。

とはいえ、飲食店での就業に対して、マイナスなイメージを抱える求職者は少なくはありません。 今回は社員さんに「実際現場はどうなのか」についてお話をお伺いしました。毎年新卒入社も多い日高屋さんですが、そこには大きなメリットがありました。飲食に興味がある方もない方もぜひ一度目を通してみてください!

株式会社ハイデイ日高の現役社員にインタビューしてみました

今回インタビューしたのは荒川さん

入社の経緯を教えてください。

―荒川さん
私は新卒で入社したのですが、サッカーを5歳くらいから大学卒業するまでずっとやっていたということもあり、デスクワークなどよりも身体を動かしながら人とコミュニケーションがとれる仕事に就きたいと思っていたんです。
―FLATT編集部
なるほど。でも、アクティブな仕事であれば飲食以外にも選択肢はありそうですが?
―荒川さん
それは、父が調理師だったからですね。一人暮らしを始める時も料理や栄養バランスなどを教えてもらって、料理できる人ってかっこいいなと思ってたんですよ。
―FLATT編集部
それで飲食店ということなんですね!納得しました!でも、他にも飲食店が多い中でなぜ日高屋さんを選ばれたのでしょうか?
―荒川さん
他の飲食は基本的に転勤があり得るんですよ。だから転勤がない企業にしたいと思って日高屋を選びました。

安定した生活を手にしたかった?

―荒川さん
もちろん、安定して生活していけることは企業選びのひとつの軸でした。東証一部上場という安定基盤もプラスに働いて入社しましたが、根本的な理由はちょっと違いますかね。
―FLATT編集部
違うんですか!?
―荒川さん
ええ、実は大学の時の先輩が日高屋に入社していて、今こうして取材を受けているように私も先輩に「実際どうなの?」と聞いたことがあったんですよ。
―FLATT編集部
その話の中に入社の決め手となるポイントがあったということですね?
―荒川さん
そうです。それが収入面です。

給与が高いということ?

―荒川さん
入社時は月収25万円くらいなので、正確に言えば高くなると言った方がいいかもしれません。
―FLATT編集部
どれくらい上がるのでしょうか?
―荒川さん
年収にして500万円は固いんじゃないですかね。
―FLATT編集部
えっ!?飲食にしては高いですね。
―荒川さん
そうなんですよ。しかもその昇給スピードがめちゃくちゃ速いんですよ。もちろん、個人差はありますけど、速い人だと入社して1年半ほどで店長見習いに昇格して月収が30万円近くになりますし、その後2~3年ほどで店長に昇格するような形になるんですが、そうなれば年収500万円以上はかたいですね。
―FLATT編集部
本当に速いですね(驚)
―荒川さん
ええ。大学の同期とかの年収よりも全然高くなるので、そのあたりは嬉しいですよね(笑)。しかも上司のあいまいな評価ではなくて、年に2回行われる昇格試験をパスすれば上がるんです。評価制度も明確ですし、こういった部分に魅力を感じて日高屋に入ることにしたんですよ。

株式会社ハイデイ日高のギャップとは

株式会社ハイデイ日高の現場の本音を聞いてみました



入社後、業務にギャップはありました?

―荒川さん
飲食では調理や接客を細分化している企業もいますが、当社では調理や接客、アルバイトのマネジメントなど幅広く担当します。ですが、「飲食は大変だ」という世間のイメージとのギャップは感じましたね。
―FLATT編集部
いい意味でのギャップでしょうか?
―荒川さん
もちろんです。飲食は大変というイメージが私にもあったので、ある程度覚悟はしていましたが、「あっこんなもんか」という感じでしたね(笑)。もちろん、お昼時のピークなど忙しい時間帯はありますが、めちゃくちゃ長い時間働くわけでもないですし、残業もあまりさせないように本部が徹底管理しているので、思ったより体力的な心配は必要ありませんでした。

調理は難しくない?

―荒川さん
難しくはないですよ。飲食店って開店前にメニューの仕込みをしたりしますが、日高屋はセントラルキッチンがあって、そこで食材の下ごしらえを行っています。カットされた野菜などを開封して、後はレシピ通りに調理するだけなので、包丁を使うことに抵抗がある方も問題なく活躍できると思いますよ!
―FLATT編集部
なるほど。400店舗以上も運営する大規模な日高屋さんだからこそ可能なシステムですね!
―荒川さん
ええ。人件費を削減することで、低価格でお客様へ料理を提供するのが日高屋なんです。

株式会社ハイデイ日高で働く面白さ



仕事のやりがいは?

―荒川さん
学生のアルバイトも多くて賑やかな親しみやすい雰囲気が日高屋の特徴なんです。お客様も常連が多くて、顔と名前を覚えていただけると「荒川さんに会いに来たよ!」とお店に食べに来てくれる方もいるんです。
―FLATT編集部
チェーン店では珍しいですね!
―荒川さん
そうなんですよ。単純に捌くという感じではなくて、お客様ともコミュニケーションしながらスタッフたちとわいわい楽しく運営していけるのは大きな魅力だと思います。

ご自身で成長したと感じる部分は?

―荒川さん
調理や接客スキルなどが上ったのも嬉しいですが、店舗を運営する中でマネジメントスキルも磨けるんですよ。
―FLATT編集部
チェーン店だと、どうしても本部がマネジメントするイメージがあるのですが、違うんですか?
―荒川さん
ええ。日高屋では本部ではなく、各店舗が主役だと考えています。実際に本部よりも店舗の方が収入は良いですし、本部はあくまで店舗をサポートするポジションなんですよ。
―FLATT編集部
店舗に裁量権があるということでしょうか。
―荒川さん
まさにその通りです。各店舗が自分たちで「どうしたらもっと質の良いサービスを提供できるか」「どうしたらファンになっていただけるか」を考えながら運営しているんです。例えば、季節ごとに店内のポップを変えてみたり、売れそうな料理をメニューの冒頭に持ってきたり、それぞれの店舗が自分たち主体で工夫しながらお店を動かしています。

株式会社ハイデイ日高で働く大変さ

仕事で苦労したところは?

―荒川さん
う~んそうですね、個人的な部分になりますが、料理した経験がほぼないので本格的な中華料理屋の厨房では少し苦労しましたね。
―FLATT編集部
ん?包丁はあまり使わないんですよね?
―荒川さん
まぁそうなんですが、火力が家庭の比じゃないので、最初はびっくりすると思います。油も結構はねますし、中華鍋も少し重いんですよね。そこは慣れになってくるかなぁ。
―FLATT編集部
でも、研修はありますよね?
―荒川さん
もちろんありますよ!未経験入社が多いので、経験がなくても覚えやすいような研修プログラムが組まれています。だからそこは安心してください。後は、店舗によって深夜勤務が発生するので、生活リズムに変化があるのは少し苦労するかもしれません。
―FLATT編集部
それは確かに大変そうですね…
―荒川さん
でも、だからといって働く時間が長くなるわけでもありませんし、何より深夜に働くと深夜手当が発生します。それだけで月3万円以上も上がったりするので、希望する方もいるくらいですよ。

マネジメント部分の大変さは?

―荒川さん
アルバイトスタッフとのコミュニケーションは少し難しい部分があるかもしれません。
―FLATT編集部
詳しく聞かせてください。
―荒川さん
基本的に仲が良いのですが、やっぱり学生の割合が多いんですよ。そうなると「もっとシフト入れてくれませんか?」と要望を出してくるアルバイトが必然多くなります。
―FLATT編集部
確かに学生は稼ぎたがりますしね。私も学生時代そんな要望を出したことがあります(笑)。
―荒川さん
そうなんです。でも、皆の言い分を聞いて上手くシフトを作っていかなければならないので、コミュニケーションを取りながら調整していくことは、少し苦労するかもしれませんね。他にも店舗を運営していく中で「どうやったらお客様を増やせるのか」などを考えて施策していく中で壁にぶつかることもあると思いますが、こういった日々の中で「ヒト・モノ・カネ」の動きを把握できますし、高い店舗マネジメントノウハウを身に付けることができます。
―FLATT編集部
裁量を委ねられている日高屋さんだからこそ、その成長スピードも速そうですね!
―荒川さん
そうですね。実際に数年ここで働くだけで「どこ行っても通用する」と思っています。実際に飲食のスペシャリストのような人材も在籍していますが、そんな大先輩たちが言うほどですから。

株式会社ハイデイ日高の仲間たち

他の店舗の方と交流はある?

―荒川さん
もちろんありますよ。アルバイトだけではなく、社員同士の仲も良いのは特徴ですね。店長たちは定期的に本部に集まってMTGを開催していますし、オフの日に一緒にゴルフに行ったりしている人もいますよ。
―FLATT編集部
それは楽しそうですね!
―荒川さん
実際に一緒の店舗で働く人は少ないですし、だからこそ周りから見れば関係性が離れているようにも見えますが、日高屋は首都圏で集中して店舗を増大させています。中にはひとつのエリアに2店舗以上あるケースも多いんですよ。
―FLATT編集部
確かに見たことあります!
―荒川さん
そうなんです。だから、例えば「あっちの店舗が忙しいみたいだからヘルプに行ける?」みたいなケースもよくあるんです。そういう助け合いの風土もあるので仲が良いんですよ。

FLATT編集部より株式会社ハイデイ日高のコメント

東証一部上場の大手企業

同社は古くから経営する大手中華料理チェーンですが、時代のニーズに合わせてテイクアウトをサービス化するなどビジネスモデルは柔軟です。コロナも終息へ向かっている今、売上高も以前のように戻り、順調な経営を続けています。これからもさらに店舗を拡大していくとのことで、店長以上のポジションも同時に増えていく予定。自粛期間中も社員に満額給与を支給する同社でなら、不景気に大きく影響されることなく充実したワークライフを実現できるでしょう。

魅力的な給与水準&昇給スピード

飲食業界ではトップクラスの給与水準。店舗が主役という言葉通り、収入面は本部よりも現場の方が高く、店長となれば年収で500万円が最低限のラインとなるそう。その昇給スピードは一般的な企業に比べてもかなり速いことが見て取れます。数年で高い収入を得ることができるにも関わらず、その入社のハードルはかなり易しいのは嬉しいポイント。誰もが超スピードでまとまった収入を得られる同社では、新卒入社も毎年大勢います。飲食の中でも人気の企業で周りと差をつけるチャンスだと感じました。

入社初期からマネジメントを学べる

チェーン店と聞くと自由度がなさそうなイメージがありますが、同社では本部よりも現場に裁量権があります。だからこそ、首都圏で400店舗以上展開する企業でありながら、その雰囲気は店舗ごとに異なります。本部からの指示で機械的に動くのではなく、自分たちで「どんなお店にしていくのか」を工夫しながら運営する中で、お店・組織づくりも同時に楽しめる環境です。飲食だからと一蹴しないでください。ここで得られる経験は、一般企業で上司から指示されて働くよりも実りあるノウハウが初年度から身に付きます。


仕事のやりがい・厳しさ

  • やりがい

昇格スピードが速く、それに伴い収入が上がるスピードも速いため、モチベーション高く働ける環境です。従来の飲食のイメージにありがちな過度な労働環境もありません。お客様からも慕われる温かい雰囲気の中で、成長と収入を手にすることができます。


  • 厳しさ

接客だけではなく、厨房での調理も含め、アルバイトの採用・教育など、幅広い業務に携わるポジションのため、慣れるまでは覚えることが多く、苦労するかもしれません。


向いている方・不向きな方

  • 向いている方

「とにかく成長したい!」「まとまった収入を得たい!」そんな方が多く活躍しているのが日高屋の特徴。アクティブに働きたい方、色々な人と関わりたい方にもお勧めです。


  • 不向きな方

若年層~ご年配の方まで幅広い層のお客様に愛される日高屋はいつも賑わっています。静かな場所で落ち着いて働きたい。そんな方は不向きと言えるでしょう。